下関蒲鉾始め~むらたの物語


下関蒲鉾始め~むらたの物語今では、下関の特産品となった蒲鉾ですが、明治の頃に当家の先祖が蒲鉾作りをしたことが始まりでした。
この、むらたの物語を「下関蒲鉾始め」としてご紹介します。

語り/村田効之

下関で初めて蒲鉾を造った~明治から太平洋戦争~

明治の末期‐海との関わり

時代は遡ること明治の終わり。
私の祖父・村田鹿造は、下関の吉母(よしも)という所へ流れ着来ます。
そこで漁師を始めたそうですが、仕事は順調で、しばらくすると船も何艘か所有するようになっていたそうです。
しかし、ある日やって来た台風のせいで海は大時化(しけ)。なんと網を流されてしまい、大きな損害を被った鹿造は、やむなく漁師を廃業しました。

大正の頃‐蒲鉾始め

漁師を廃業した鹿造は、吉母の隣・吉見という所へ移り住んだそうです。
そこでアイスキャンデーと蒲鉾の製造を始めたそうですが、だんだんと規模も大きくなり、アイスキャンデーの製造を止めて、蒲鉾の製造一本でやっていく事を決めます。これが村田の「蒲鉾始め」でした。
その頃、近隣には蒲鉾屋はなく、鹿造が蒲鉾の製造技術を幾人かに教え、次第に蒲鉾屋が増え、やがて下関での主要産地となってゆきました。
今では年に1回、吉見・安岡地区のかまぼこ業者で「蒲鉾祭り」が行われています。

昭和‐戦争の時代

蒲鉾製造業も順調にすすみ、鹿造は三男三女に恵まれます。
長男は耕一、次男は豊、そして三男は私の父・実。この名は「耕して豊に実る」という、ものの成長を表した命名の仕方でした。
長男・耕一は神童と呼ばれ、容姿端麗、頭脳明晰で、周りの女性の憧れの的のような存在であったそうですが、戦争へと向かう時代です。予科練に入隊した耕一は、残念ながら先の大戦で帰らぬ人となります。
次男・豊(私の叔父)がその後、家業を継ぐこととなりましたが、この豊は酒が入ると気が大きくなり、喧嘩をしたくなる性格で、酔っぱらうと近くの橋の上の真ん中に座り、通りかかった人に喧嘩を売るということも度々あったそうです。
私の父である三男・実は戦時中、学校へ行って勉強するのがいやで、中退して海軍へ志願し戦地へ向かうこととなります。
広島の呉に配備され、各地を転戦し、終戦を鹿児島の喜界島で迎えました。


「安岡」の地へ~戦後から今へ・・・へ続く (準備中)